活動内容 - 光の園 -

障害をお持ちの方がアートやスポーツを通して
地域での豊かな生活を送るための支援をしています

施設の様子

「光の園」は社会福祉法人「皆成会」が運営する知的な障害をもっている人達の仕事と活動のための施設です。所沢市、入間市、狭山市から毎日みなさん元気に通っています。職員は全部で22名です。

利用者さんはみんな大人ですから仕事をしています。一 人一人が違うし、得意不得意もありますから、自分のできる部分を受け持って仕事をします。難しいところは職員やサポーターが手伝いながら、作品を作っています。〈スウエーデンししゅう〉のペンケース、巾着などの手芸品など、色とりどりの小物はすべて手作りです。
また、畑仕事もします。じゃがいも、大根などは〈無農薬野菜〉です。ポストカードや砂絵、コルクコースターも作っていますが、それらは利用者さんの原画を使って作っています。これらの製品は所沢市役所の福祉の店をはじめいろいろなお店、バザーで販売されています。地域とのつながりを持てるよう、地域の型やご家族に集めていただいたアルミ缶を回収しリサイクル活動も行っています。「光の園」の経験を生かして就職していく人もいます。しかし、重い障害をもった人達にとってはここが仕事場です。

作品

「光の園」で利用者は仕事・作業をしているだけではありません。
体調にあわせて近くの林を散歩します。また体操、ニュースポーツなど、軽いスポーツで汗を流しています。書道、美術、コーラスなどの趣味的な活動も盛んです。また、小グループで一泊旅行に出かけたり、食事、買い物、観劇などにも行きます。たくさんある中から利用者は自分の好きなものを選びます。

「光の園」は障害をもつ人達の社会参加を重要なことだと考えています。ですから、なるべく多くの機会に職員が支援して街に出るようにしています。地域のミュージカル、スポーツ大会、料理教室にも参加しています。スイミングは地域のプールを使わせて頂いております。

このように「光の園」は地域のみなさんによって支えられています。
法人の施設ですから国や県の税金、そして所沢市の補助金で運営されています。お金だけではありません。
近隣の小学校や中学生など大勢のサポーターが代わる代わる光の園を訪問して、
作業や活動の中で利用者と交流を深めています。サポーターはいつでも歓迎します。

百聞は一見に如かず。是非一度「光の園」をお訪ねください。

支援内容

1.作業
(アルミ缶リサイクル、内職、手芸、農業、美術など)
2.運動
(散歩、水泳など)
3.サークル活動
(コーラス、料理、ニュースポーツ、ティータイム、書道など)
4.生活サービス
(入浴、歯科ブラッシングなど)
5.行事
(旅行、地域交流会、外出、1日・半日体験会など)
6.健康
(嘱託医の定期健康と療育相談、年1回の健康診断)
7.その他
(職場実習、アフターケア、利用者自治会活動、近隣の小学校、近隣の保育園、他施設などとの交流)

1日の流れ

時間 スケジュール
8:30 利用者さん登所(自主、家族、送迎バスによる)
9:30 着替え、グループでのミーティング
10:00 午前の活動 *休憩あり
11:30 終了
食事前の準備(手洗い、うがいなど)
12:00 昼食(給食、献立メニュー)
13:00 午後の活動 *休憩あり
14:30 活動終了
掃除、帰る前の準備
グループでティータイム
15:30 帰宅(自主、家族、送迎バスによる)

年間行事

光の園イベント光の園イベント光の園イベント
4月 新年度が始まります。
家族オリエンテーション
お花見会
5月 保育園との交流会
健康診断
6月 小学校との交流会
7月 プール、七夕会
8月 納涼会、夏休み
9月 地域のお祭りに参加
10月 光の園地域交流会
地域のイベント参加
11月 収穫会
歯科検診
12月 クリスマス会
年末年始の休み
1月 新年会、法人成人式
2月 家族面談
豆まき
3月 年度末納会
今年度が終わります。

活動報告

【PICK UP ART】 

タイトル『無題』

一年以上かけて今も描き続けています。
書き続けると止まりません!

【PICK UP ART】

タイトル:『Nontitle』

抽象的な絵の中にこそ、一番伝えたいことのヒントがあるように思います。
その感じたことがあなたにとって一番大切なことの一つかもしれないですよ。

【PICK UP ART】

タイトル:『無題』

人はなぜ絵を描くのでしょうか?
それは伝えたいことがあるからではないでしょうか。
この絵をじっくりと観て下さい。
きっとあなたにだけ伝わるものが現れますよ。

【PICK UP ART】

タイトル『ドローイング』

紙と向き合い。
その日の出来事を思い浮かべながら。
ただ、ひたすらに描き続けています。
作家の思いが素直に表現されています。
温かさを感じる作品です

【PICK UP ART】

タイトル『MY コレクション』

私のコレクションを集めてみました。
集めてみるとこんなにあったとは!!
不思議となくさないコレクションです。

集めてみると個性がきらりと光ります。
たくさんの「好き」がつまっています。
まるで、作家の方の内面が「見える化」しているようです。

自分の内面を外部にあるものを選び、集めることで表現した作品となりました。
今年も埼玉県内の障がい者アート作品がたくさん集まった展覧会が開催されます!
必ず、あなたのお気に入りが見つかる展覧会です。

【PICK UP ART】

タイトル『体操服の子』

粘土で作りました。
子どもの頃の思い出がたくさん詰まっています。
運動会、楽しかったなぁ~。

 
このような素敵なアート作品が一堂に介する展覧会が開催されます!
光の園も参加しています!
ぜひ、ご来場ください。

第12回埼玉県障害者アート企画展「LOOK ART ME!!」
会期:2021年12月8日(水)-12月12日(日)
10:00 – 17:00 ※最終入場16:30 入場無料
会場:埼玉県立近代美術館 一般展示室1・2(地下1階)
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1(JR北浦和駅西口徒歩3分)
会場HP http://www.pref.spec.ed.jp/momas/
※駐車スペースがないためお車の場合は予め周辺駐車場をご確認ください。

主催:埼玉県障害者アートネットワークTAMAP±〇、社会福祉法人みぬま福祉会
共催:埼玉県、埼玉県障害者アートフェスティバル実行委員会
後援(予定):上尾市、春日部市、川口市、川越市、行田市、久喜市、熊谷市、鴻巣市、さいたま市、白岡市、秩父市、鶴ヶ島市、

所沢市、戸田市、新座市、蓮田市、東松山市、日高市、本庄市、三郷市、吉見町、嵐山町、JR東日本大宮支社
協力:アートセンター集協力委員
助成:令和3年度埼玉県障害者芸術文化活動普及支援事業
キュレーション:中津川 浩章

【SDGsについて「知る」②】

前回のホームページ更新から「SDGs」について考え、書籍やインターネットなどで調べていました。
知れば知るほどSDGsとは全てが重なり合い影響しあっているため…コレだ!というモノに出会えず、光の園で推進していくための要点がみつからずにいました。

そんな中、ふとテレビのコマーシャルで「SDGs」や「サステナブル」というフレーズを見かけることがありました。
「ペットボトルをリサイクルして100%循環させることで持続可能な資源として使用します。」というアピールと、その活動を通してSDGsに取り組んでいるという企業イメージが伝わってきました。
その瞬間、私たち光の園で取り組んでいる活動の全てがSDGsに通じていることに気付きました。

「光の園で何ができるか。」と考えていましたが、すでに取り組んでいることがSDGsに通じていたということを自覚し、一人一人が意識していくことでさらに進化させていくことが重要であると考えています。
今後も持続可能な活動をより表面化させていき具体的に強化していきたいと思います。

【PICK UP ART】

タイトル『ひよこの形のモラ』

自信作です。

【『所沢なび』にGift Tシャツが載りました!】

所沢市の最新注目情報を発信している『所沢なび』さんに光の園の『Gift Tシャツ』の記事が掲載されました。

光の園のTシャツ製作への想いやマジェルカさんでの販売など盛りだくさんの内容になっています!
ぜひご覧ください!

【『所沢なび』さんの記事】
https://tokorozawanavi.com/hikarinosonotshirt20210906/

光の園では大量生産・大量消費には乗らず、受注生産でのTシャツ製作を行っています。
これも光の園が取り組むSDGsの一つです。
マジェルカさんでのTシャツ販売が終わった後は、光の園でTシャツの注文をお受けします。

気になる方は、ぜひこちらのホームページからお問い合わせください。

【SDGsについて「考える」①】

世界的に取り組みが始まっている「SDGs」
(Sustainable Development Goals) ※持続可能な開発目標
これは、貧困や紛争、気候変動による自然災害、感染症といった人類が直面している課題を整理し、2030年までに世界が達成すべき目標を立てた行動計画のこと。

みんなが地球で暮らし続けるための道しるべ。
そのために「今」私たち一人一人ができることは何か。
光の園でも何かできることがないか考え始めました。

【『Gift』に込めた想い】

私たちのTシャツには『Gift』というメッセージが入っています。
みなさんは、『Gift』と聞くと、何を思い浮かべますか?
定番は贈り物でしょうか。

実は、『Gift』には贈り物以外にも『才能』という意味があります。
『才能』と聞くと特別な知識や技術などを思い浮かべませんか?
例えば、プロ野球選手とか、ノーベル賞受賞者とか。

でも、私たちは『才能』というものは、もっと身近にあると思っています。
それは、『好き』という気持ちではないでしょうか。

このTシャツには、イラストを描いた作家の方の『好き』という気持ちが詰まっています。
イラストの似顔絵を描くことが好きで、20年以上変わらず同じ顔の絵を描き続けているのです。

この『好き』という気持ちがたくさん詰まったTシャツを着て頂けたら、きっと『あなた』の『好き』という気持ちも動き始めますよ。
 
【障がい者が作る雑貨専門店『マジェルカ』さんのオンラインショップ】
https://shop.majerca.com/?pid=161331548

マジェルカさんでのTシャツフェアは9月12日(日)まで!

【光の園アールブリュット】

タイトル『non title』

初めて砂絵を描きました。

【Gift Tシャツ販売のお知らせ】

光の園の『Gift Tシャツ』が、吉祥寺にある障がい者が作る雑貨専門店『マジェルカ』さんで販売中です!
店頭とオンラインショップでの販売となっておりますので、ぜひご覧ください!

マジェルカさんでのTシャツフェア中の販売となりますので、早めにチェックしてくださいね!

 【障がい者が作る雑貨専門店『マジェルカ』さんのオンラインショップ】
https://shop.majerca.com/?pid=161331548

【アールブリュット光の園】

タイトル『花と女の子』

可愛く描けました。

【作りたかったのは『笑顔』です】

新型コロナウイルスが蔓延し、私たちの楽しみはなくなりました。
気分は沈み、暗い表情を浮かべる人が多くなっていました。
今まで楽しみにしていた外出ができなくなり、家に巣ごもりする
日々が続く世の中では仕方のない事だったのかもしれません。
でも、みんなの表情を明るくしたい。そのために新しいことを始めよう
と考えました。新しいことにチャレンジすることで、人は前向きになれる
と思ったからです。そこで思いついたのが『Tシャツ』でした。気軽に着られて、
同じものを身に着けることでクスッと笑ってしまう。見て、触れて、心がやわらぐ。
そんなものを作りたいと提案しました。すると、みんなの表情が少しずつ明るくなり、
一緒にデザインや色を決めていく中でだんだんと元気を取り戻していきました。
そして、『Tシャツ』が出来上がり、届いた瞬間に見せたみんなのキラキラした目は
とても印象的で、「できた~!」と嬉しそうに手に取って喜ぶ姿を久しぶりに見ること
ができました。
身に着けて嬉しい、お互いを見て楽しい、注目されて笑顔になる。洋服には不思議な力
があります。私たちは、これからもみんなの『笑顔』をつくる『Tシャツ』を届けます。

今年度も新しい『Tシャツ』を作ります!
お楽しみに!

「フラワーボランティア」

 先日、駅前のロータリーにお花を植える「フラワーボランティア」の活動へ参加しました。
20名前後の方々が協力して駅前をお花で飾り、駅を利用する方だけではなく地域の方々が気持ちよく過ごせるようにと環境美化と緑化に取り組まれています。この「おもてなし」の気持ちは光の園の中でも大切にしていきたいと感じました。
 これからも光の園は地域の方々と一緒に環境美化や活性化のために取り組んでいきたいと思います。

【光の園アールブリュット】

タイトル『キャラクター』

好きなキャラクターをかわいく描きました。

【保育園でグッズ販売をしました!】

所沢市内の縁のある保育園から声を掛けて頂いて製品の委託販売をしました。
私たちのハンドメイドグッズを保育園に置いていると、園児の皆さんが毎朝グッズのレイアウトやディスプレイをしていてくれたそうです。張り切ってグッズを並べている姿が思い浮かびます。嬉しいことですね。
私たちのグッズはたくさんの方をウキウキと楽しい気分にすることができるのだなぁと改めて実感しました。
保育園の皆さん、ありがとうございました。

光の園ではグッズの販売の機会を募集しています。
感染対策に気を付けながらの販売ができたらと思っています。
販売にご興味のある方は、ホームページのお問い合わせからご連絡を頂けるとありがたいです。

よろしくお願いします。

【ありがとう】

こんな時期だから直接言えないけど伝えたいこと。
声では届けられないから描きました。
 
「ありがとう」

応援してくれる人がいると元気になれますね。

【アールブリュット光の園】

タイトル『頭の中の蝶々』
色とりどりの綺麗な蝶々を描きました。

【アールブリュット光の園】

タイトル『アニマルズ』

NHKテキスト『社会福祉セミナー』2021年4月~9月号に掲載されている作品です。
とても温かみのあるタッチで描かれた動物たちがたくさん生まれました。
いろいろな大陸から動物たち集まり、素敵な多様性を演出していますね。

この絵がNHKテキスト『社会福祉セミナー』を通じて、全国の方に見て頂けるのが嬉しいです。

NHKテキスト『社会福祉セミナー』さん、ありがとうございます!

【アールブリュット光の園】

タイトル『けろっぴ』

好きなものを、色使いも大胆に描き上げました。

【アールブリュット光の園】

タイトル『ありがとう』

大好きなバスの運転手さんを思って描きました!
感謝の気持ちを絵にしました。

【アールブリュット光の園】

タイトル『恐竜』

いつも真剣にがんばって描いています!
特徴をよく捉えた素敵な作品になりました!

【アールブリュット光の園】

タイトル『no title』

 いつも真剣にがんばって描いています!
カラフルな色遣いの素敵な作品になりました!

【アールブリュット光の園】

タイトル『コラージュ』
 
ひとつひとつ、丁寧にはめ込みました。
カラフルな色合いが綺麗です。
こだわりの作品が完成しました。

【SSポーチ販売中!】

光の園ではスウェーデン刺繍の製品を作っています。
前年度まではイベントなどで販売していたのですが、
今年度は新型コロナウイルスの影響で、イベントが
中止になり販売ができなくなりました。
そこで、少しでもスウェーデン刺繍製品の販売につながるように
ホームページでの製品紹介を今月から始める事にしました!

記念すべき第一号は『SSポーチ』です!
USBメモリーを入れたり、印鑑なども入れたりすることができる製品です。
可愛いサイズで女性の方にはリップケースとしてもお使い頂けます!

お値段は、光の園へ直接買いに来てくれた場合は400円(送料別)です。
配送などを利用する場合は料金が異なりますので、ご相談ください。
ぜひ、みなさまお買い上げ宜しくお願い致します。

注文の際は、下記のフォームを使って、こちらのホームページの
「お問い合わせ」からご注文ください。注文後、こちらから確認のご連絡を差し上げます。
よろしくお願い致します。
※在庫状況によってはお待ち頂くことがあります。予めご了承ください。

≪注文フォーム≫
件名:【スウェーデン刺繍製品 購入希望】
氏名:
ふりがな:
購入希望製品:SSポーチ(サイズW9.5㎝×H4.5㎝×D2㎝)
購入数:(   )個
配送の希望:あり・なし
住所:〒
電話:
メール:
ご質問等:

【太鼓の音楽サークル】

コロナ禍の影響で一時活動を自粛していた音楽サークルですが、
講師の先生、職員を交えて打ち合わせをし、6月から再開しました。
ニュースでも報道されていましたが、歌や楽器の演奏行為は感染の
リスクがとても高くなります。どうすれば、利用者さんが安全に
楽しく活動できるか。それが大きな課題でしたが、ホールなどで
距離を保ち、以前と同じようにとはいきませんが、限られた環境で
皆さん楽しく活動することができるようになりました。
そんな中、『水栄太鼓』様からたくさんの和太鼓を寄付して頂きました。
それ以来、お昼に園長が太鼓を叩くと、たくさんの利用者が集まって聞き
入っています。
皆さん、太鼓がお好きみたいです。
音楽サークルでも、皆さんに楽しんでもらえるように太鼓を取り入れた
活動に力を入れています。

皆さんが楽しめるものが増えることは嬉しいですね。

『水栄太鼓』のみなさん、本当にありがとうございました!
大切に使わせて頂きます。

【カッパのポンポン】

ハロウィンが近づいてくると、
今年はどんなお化けたちが出てくるのか気になりますよね!
光の園には、ハロウィンの準備中に毛糸のポンポンでできた
『カッパ』さんが出てきてくれました!
とても愛くるしいカッパさんです!
そう遠くないうちに、みなさんのもとにも『カッパ』さんが
現れるかもしれませんよ!

【おかし屋マーブルさんで刺繍製品の販売開始!】

10月から光の園のスウェーデン刺繍製品を展示販売して下さるお店が増えました。
そこは、埼玉県立小児医療センター内にある『おかし屋マーブル』さんというお店です。

『おかし屋マーブル』さんは、埼玉県内の障がい者施設で作られたクッキーや雑貨を
販売しているお店で、病院に来た方たちに「ほっと」してもらえるようなお店です。

今回、スウェーデン刺繍の美しい模様に注目して頂いて、来院される方の気持ちを
私たちの刺繍で少しでも和らげたいという要望からお店に並べてもらえるようになりました。
実際に、お店に並ぶまでには何度も打ち合わせを重ね、スウェーデン刺繍製品の良さを
上手く引き出せるようにリニューアルしていきました。

これから多くの方に使って頂いて、どんな時も私たちのスウェーデン刺繍を見て、「ときめき」を
感じてもらえたらと思います。『おかし屋マーブル』さんを通して、より多くの人に元気と笑顔を
届けていけるように頑張ります。

写真は、『おかし屋マーブル』さんでも大人気の「ヘアゴム」です!

『おかし屋マーブル』を運営するNPO法人クッキープロジェクトさんのホームページ
https://www.cookiesproject.com/

【アールブリュット光の園】

タイトル『花』

自分の頭の中にある「花」を数か月の時間をかけて、
じっくりと描きました。
納得がいくまでペンをとめることはありませんでした。
こだわりの「花」が完成しました。

【Tシャツができました!】

光の園に新しいアートグッズが誕生しました!
それは、利用者さんの絵を使った『デザインTシャツ』です!

出来上がって、すぐに販売を開始したら、あっという間に完売!
光の園の新たな人気グッズになりました。

また、新しい色やデザインのTシャツが出来上がったら、
このホームページでもお知らせしますので、楽しみに待っていてください!

【アールブリュット光の園】

 タイトル『オーロラ姫』
アラスカの光をオーロラ姫で表現しました。
 

【大好評、スマホケース!】

今年も大盛況のうちに『手しごと』展が終了しました!
会場に足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。
さらに、今回の『手しごと』展の様子がNHKの首都圏ネットワークでも取り上げられました!
特に、光の園の「スマホケース」が大きな話題を呼んでいました!
若い方もニュースで「スマホケース」を見て、買いに来てくれたのです!
うれしいですね♪
大反響の「スマホケース」は、あと10個ならすぐにお渡しできます。
ご興味のある方は、ご連絡ください!

※ご注文が多い場合は、ご希望に添えないこともございます。
 予めご了承ください。

<手しごと展のニュース映像>
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200220/1000044354.html

【手しごと展が始まります!】

今年も所沢市内の障がい者施設が集まって自主生産品を展示販売する
『手しごと』展が開催されます。
光の園もお馴染みの刺繍製品や素敵なアートグッズを出品しますよ。
ぜひ、ご来場ください。
お待ちしています。

『手しごと』展
日時:令和2年2月20日(木)~2月24日(月)10時~20時
※24日(月)は19時まで
場所:西武所沢S.C.8Fイベントスペース

【アールブリュット光の園】

タイトル『人々』
☆第10回埼玉県障害者アート企画展入選作品☆

「今日はなにを描こうかなぁ~、できましたー!」

とても人気のある作品です。
ファンの方が増えたら、作家の方のポストカードセットができるかも!?
応援してくださいね!!

【アールブリュット光の園】

『ノー・タイトル』
上手に書けたよ!

【アールブリュット光の園】

『ひまわり』
一生懸命描きました。色使いがよくできました。
皆に見てほしいです。

【アールブリュット光の園】

『ヴォクシー鉄道仕様』
車をね、鉄道と一緒に走らせたくて。

 ~第19回全国障害者芸術祭・文化祭にいがた大会出展作品~

【第10回埼玉県障害者アート企画展】

今年も『埼玉県障害者アート企画展』が開催されます。
今回のテーマは、
「Knock art 10 ~芸術は無差別級~」
です。
どのような展示なっているか気になりますね。
きっと、みなさんがあっと驚く内容になっていますよ!
光の園からも5名の方が入選されています。
是非とも足を運んでくださいね。
お待ちしています!

日時:2019年12月4日(水)~8日(日)
10:00~17:00
※会期中無休

 会場:埼玉県立近代美術館 一般展示室1・2(地下1階)
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
※JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)

【光の園フェスタ】

秋と言えば、お祭りですね!
毎年の恒例行事『光の園フェスタ』が9月21日(土)に開催されます!
今回も美味しい食べ物や飲み物を販売する屋台がでますよ。
さらに、ステージでのコンサートも充実の内容です!
9月21日(土)は、『光の園フェスタ』で盛り上がりましょう!
たくさんの方のご来場をお待ちしていますね。

 写真は、利用者さんお手製の狭山ヶ丘駅からの案内図です。
『光の園フェスタ』のお知らせチラシの裏面に掲載しています。
おもしろい紹介文が書かれていますので、ぜひ実物を見て楽しんでくださいね。

日時:2019年9月21日(土)
         10:00~15:00
会場:光の園
         埼玉県所沢市東狭山ヶ丘6-2833-2

【アールブリュット光の園】

『ファミコンキャラクター』

大好きなファミコンキャラクター!

【ところざわYOSAKOI元気フェスタ】

今年も敬老の日に『ところざわYOSAKOI元気フェスタ』が開催されます!
狭山ヶ丘駅周辺のみなさんが協力し合い、遊びつくすお祭りです。
例年、お神輿が出たり、よさこい踊りをしたりと楽しい一日を過ごせます。
もちろん、光の園も出店しますよ!
お祭りモードのグッズを用意してお待ちしています。
ぜひ、遊びに来てくださいね!

日時:2019年9月16日(月・祝)敬老の日
10:00~16:00
場所:西武池袋線狭山ヶ丘駅東口ロータリー
ところざわ自動車学校
※光の園は、狭山ヶ丘駅東口ロータリーに出店しています。

【『所沢なび』さんに記事が掲載されました!】

暑さも少しずつやわらいできましたね。
光の園も夏休みが終わり、みなさん元気いっぱいに通われています!

光の園の記事が再び『所沢なび』さんに掲載されました!
今回は、ライターの方が光の園を見学して頂いた時のことを
素敵なイラストや写真を交えながら載せて下さっています。
記事の中には印象的な言葉がたくさんあり、ライターさんならではの目線
で光の園の新たな魅力を見つけて下さっていますよ。
ぜひ、ご覧ください!
そして、光の園へ興味を持たれた方は見学に来てくださいね!
お待ちしています。

↓『所沢なび』さんの記事です!
http://tokorozawanavi.com/news-iizuka20190826/

【光の園アート企画展の会期が延長されました!】

【光の園アート企画展の会期が延長されました!】
暑い日が続いていますが、みなさまお元気に過ごされていますか?
今日は、猛暑に届いた嬉しいニュースをお知らせします。
「光の園アート企画展」が大好評につき8月30日(金)まで延長されることになりました。
まだの方は、ぜひこの機会に!
リピーターの方も大歓迎です!
ギャラリーで素敵な絵に囲まれて涼んでくださいね。

<開催期日>
5月15日(水)~8月30日(金)
10:00~16:00

※土日祝は休廊です。

<会場>
Galleryみかじま
埼玉県所沢市三ケ島3-1421
(三ケ島中学校隣のローソン横道入り右2軒目)

※2Fがギャラリーですが階段での移動になります。
※エレベーターはございません。ご了承ください。

「所沢なび」さんでも会期延長を記事にしてもらえました。
ありがとうございます。
こちらも、ぜひご覧ください。

↓「所沢なび」さん記事です!
http://tokorozawanavi.com/event-iizuka20190802/

【「所沢なび」に掲載中!光の園アート展】

【「所沢なび」に掲載中!光の園アート展】

7月31日まで開催中の『光の園アート展』の内容が「所沢なび」さんに掲載されています。
記事を書いて下さったライターの方が光の園の美術作品のファンだったこともあり、取材をしてもらいました。
ライターの方のイラスト付きで、今回の展示のことをとても詳しく書いて下さっています。
ぜひ、多くの方に読んでもらいたい記事です。

下記のアドレスから、「所沢なび」さんのホームページを観ることができます。

「所沢なび」さんホームページ
http://tokorozawanavi.com/event-iizuka20190716/

「所沢なび」さん、取材ありがとうございました!

【アールブリュット光の園】

『ノンタイトル』
思うまま自由に筆を走らせました
沢山の色をふんだんに使った一作です

光の園アート企画展

【光の園アート企画展】
社会福祉法人皆成会光の園は障害のある方が活動している事業所です。
障害のある方がその人らしく生き生きとした活動をしています。
特に美術や芸術などアート活動も活発に行っています。
オリジナリティーとメッセージ性、アピール性豊かなアート作品の
数々は見る人の心に感動を与えます。
ぜひ、ご来場ください。

<開催期日>
5月15日(水)~7月31日(水)
10:00~16:00
※土日祝は休廊です。

<会場>
Galleryみかじま
埼玉県所沢市三ケ島3-1421
(三ケ島中学校隣のローソン横道入り右2軒目)
※2Fがギャラリーですが階段での移動になります。
※エレベーターはございません。ご了承ください。

アールブリュット光の園

【アールブリュット光の園】
『こころのバラ』
花びら一枚一枚がカラフル

VIVA LA ROCK 2019

【VIVA  LA  ROCK 2019】
5月3日(金)~6日(月)に、さいたまスーパーアリーナで開催されるロックフェス『VIVA  LA  ROCK 2019』に埼玉県障害者アートネットワークTAMAPのブースが出店されます。
そのブースでは、埼玉県内の障害者施設のアート作品やグッズなどを展示販売します。
もちろん、光の園のグッズも置いてありますよ。
ぜひ遊びに来てくださいね。