埼玉県所沢市の障害者福祉施設運営「社会福祉法人皆成会」

お問い合わせフォーム

活動内容-光の園-

事業内容

障害をお持ちの方がものづくりやスポーツを通して
地域での豊かな生活を送るための支援をしています

「光の園」は社会福祉法人「皆成会」が運営する知的な障害をもっている人達の仕事と活動のための施設です。所沢市、入間市、狭山市から毎日みなさん元気に通っています。職員は全部で22名です。

利用者さんはみんな大人ですから仕事をしています。
一 人一人が違うし、得意不得意もありますから、自分のできる部分を受け持って仕事をします。難しいところは職員やサポーターが手伝いながら、作品を作っています。〈スウエーデンししゅう〉のペンケース、巾着などの手芸品など、色とりどりの小物はすべて手作りです。
また、畑仕事もします。じゃがいも、大根などは〈無農薬野菜〉です。ポストカードや砂絵、コルクコースターも作っていますが、それらは利用者さんの原画を使って作っています。これらの製品は所沢市役所の福祉の店をはじめいろいろなお店、バザーで販売されています。地域とのつながりを持てるよう、地域の型やご家族に集めていただいたアルミ缶を回収しリサイクル活動も行っています。「光の園」の経験を生かして就職していく人もいます。しかし、重い障害をもった人達にとってはここが仕事場です。

「光の園」で利用者は仕事・作業をしているだけではありません。体調にあわせて近くの林を散歩します。また体操、ニュースポーツなど、軽いスポーツで汗を流しています。書道、美術、コーラスなどの趣味的な活動も盛んです。また、小グループで一泊旅行に出かけたり、食事、買い物、観劇などにも行きます。たくさんある中から利用者は自分の好きなものを選びます。

「光の園」は障害をもつ人達の社会参加を重要なことだと考えています。ですから、なるべく多くの機会に職員が支援して街に出るようにしています。地域のミュージカル、スポーツ大会、料理教室にも参加しています。スイミングは宮前小学校や小手指のYMCAのプールを使わせていただいています。

このように「光の園」は地域のみなさんによって支えられています。
法人の施設ですから国や県の税金、そして所沢市の補助金で運営されています。お金だけではありません。近隣の小学校や中学生など大勢のサポーターが代わる代わる光の園を訪問して、作業や活動の中で利用者と交流を深めています。サポーターはいつでも歓迎します。

百聞は一見に如かず。是非一度「光の園」をお訪ねください。

支援内容
  1. 作業(アルミ缶リサイクル、内職、手芸、農業、美術など)
  2. 運動(散歩、雑巾がけ、水泳など)
  3. サークル活動(コーラス、料理、ニュースポーツ、ティータイム、書道など)
  4. 生活サービス(入浴、歯科ブラッシングなど)
  5. 行事(旅行、地域交流会、外出、1日・半日体験会など)
  6. 健康(嘱託医の定期健康と療育相談、年1回の健康診断)
  7. その他(職場実習、アフターケア、利用者自治会活動、宮前小学校、桑の実保育園、他施設などとの交流)

1日の流れ

時間 スケジュール
8:30 利用者さん登所(自主、家族、送迎バスによる)
9:30 着替え、グループでのミーティング
10:00 午前の活動 *休憩あり
11:30 終了
食事前の準備(手洗い、うがいなど)
12:00 昼食(給食、献立メニュー)
13:00 午後の活動 *休憩あり
14:30 活動終了
掃除、帰る前の準備
グループでティータイム
15:30 帰宅(自主、家族、送迎バスによる)

年間行事

年間行事写真
4月 新年度が始まります。
家族オリエンテーション
お花見会
5月 保育園との交流会
健康診断
6月 小学校との交流会
7月 プール、七夕会
8月 納涼会、夏休み
9月 地域のお祭りに参加
10月 光の園地域交流会
地域のイベント参加
11月 収穫会
歯科検診
12月 クリスマス会
年末年始の休み
1月 新年会、法人成人式
2月 家族面談
豆まき
3月 年度末納会
今年度が終わります。

活動報告

新年度




新年度、入所式新しい仲間がふえました。

作家と光の園

『第七回埼玉県障害者アート企画展 作品集』が届きました。
光の園に所属する『作家』さんも多数掲載されています。

作家のいる光の園
作家がいる光の園
作家もいる光の園

あなたも会いに来ませんか、光の園の作家さんに。

205系

山手線の車両は、時代が変わるたびに進化してきました。僕が初めて利用した時は、この車両でした。小学生で別の車両になったため、中はあまり覚えていませんが、短い間に一周したり、駅の音楽を聞いたり、とくちょうがこい線でした。 最近も新型が導入されましたが、デザインはこの車両がいいなと思います。描くのにかなり集中が必要でした。職員からのひょうばんはいいのかな?サークルなのに、いつも本気でやっています。
(北田哲也)

なにができるのだろう?

これはなんだろう?
なにができるのだろう?
この素材はなんだろう?
この形はなんだろう?
完成した作品が早く見てみたい。
7月に『光の園作品展』を開催します。
この他にも、たくさんの作品が 光の園には飾ってあります。
7月まで待ちきれない方、 是非とも見に来てほしいです。

試しに描いたストック

ある利用者が描いていたのは、入所式に使用した本物の花。
休憩になる前に先生からせっかくだから描いてみる?
と言われ翌日やってみました。
ストックを描いて難しかったことは、花びらがどう向いているかを見ることです。
裏表の向きや重なり具合など、注意して描きました。
高い集中が必要でした。
パステルで塗ったら、きれいにできました。
施設で描いたものが、またストッ・・・・・ あっ、言うのや~めた♪
(北田哲也)

作品展やります。

7月に作品展をやります。

動物は多種で、

花は多色、

顔ぶれは多彩な、

にぎやかな作品たちに 出会えます。

きっとね。


『光の園作品展』
日時:7月4日(火)~7月10日(月)
    8:30~19:00
   (初日は13:00から、最終日は16:00まで)
場所:所沢市役所 市民ギャラリー

光の園の野菜販売開始

今年も光の園の畑で収穫されたばかりの野菜を販売します。
まずは、キュウリとピーマンからスタートです。
来月にはトマトが待ち構えています。
日に日に、にぎやかなになっていきますよ。
光の園のみんなで育てた野菜。
一袋100円です。 早い者勝ちです。
光の園へ遊び来たついでに買って行ってください。
美味しいですよ、光の園の野菜。

ギャラリー喫茶 心の風景作品展示

西武池袋線 狭山ヶ丘駅東口
『ギャラリー喫茶 心の風景』さんで
私たちの
アール・ブリュットな
アウトサイダーアートな
障害者アートの作品展示をしています。
9月28日の夕方から展示内容が変わります。
10月6日(金)まで。
美味しいコーヒーとケーキと共にご鑑賞ください。
よろしくお願いします。

お問い合わせフォーム
このページの先頭へ